競馬最新ニュース

【東京記念】12番人気の大穴サブノクロヒョウ&和田譲治騎手が嬉しい重賞初勝利!

ニュース提供:競馬ラボ

9月13日(水)、大井競馬場で行われた南関東重賞・第54回 東京記念(S2)(3歳以上 別定 1着賞金:2200万円 ダート2400m)は、和田譲治騎手騎乗の12番人気サブノクロヒョウ(牡4、大井・阪本一厩舎)が優勝。外枠からスッと好位に取り付いて折り合う。そのまま2周目の向正面を運び、3コーナーからは逃げたカツゲキキトキトとの一騎打ち。残り200mで外から交わし、そのまま押し切ってみせた。勝ちタイムは2:36.4(重)。 2着に2馬身1/2差で2番人気・カツゲキキトキト(牡4、愛知・錦見勇厩舎)、3着に3/4馬身差で3番人気・キングニミッツ(牡4、船橋・矢野義厩舎)が続いた。1番人気に支持されたユーロビート(セ8、大井・渡邉和厩舎)は3着から3馬身差の4着に終わっている。 サブノクロヒョウ、和田譲治騎手の人馬にとってこれが重賞初勝利。同騎手とは今年唯一勝利した寒梅賞以来3度目のコンビだった。馬主は中川三郎氏、生産者は新ひだか町の藤沢牧場。 【和田譲治騎手のコメント】
「凄く嬉しいです。馬の気配は落ち着いていて良い感じでした。(道中のリズムは)凄い良かったです。3コーナーから4コーナーにかけて凄い手応えが良かったです。もしかしたらなぁと思っていたんですけど、油断はできなかったので一生懸命追いました。直線は交わしてからは後ろから来ないことを祈って追いました」 【和田譲治騎手にとっても嬉しい重賞初勝利】
「非常に嬉しいです。2着、3着が多かったので、勝てて嬉しいです。今まで人気で裏切ってしまい申し訳ありません。またこれからも頑張りたいと思いますので、応援よろしくお願いします」 サブノクロヒョウ (牡4、大井・阪本一厩舎) 父:ロージズインメイ 母:サブノイナズマ 母父:カコイーシーズ 通算成績:29戦5勝 重賞勝利: 17年東京記念(S2)
和田穣治騎手はこれが重賞初制覇となった

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

ページトップへ

キーワードで探す

※検索キーワード 5単語まで

カテゴリーで探す

競馬データランキング

競馬サーチ モバイル

競馬サイトをどこでも
ランキングチェック!

全国競馬場・WINS案内

馬券を購入できる全国の
競馬場・Wins、グルメランキング。
全国競馬場・WINS案内ガイド