競馬最新ニュース

【天皇賞(春)】155回目を迎える伝統の一戦。見どころはココ!

ニュース提供:競馬ラボ

連覇で5つ目のG1タイトルを狙うキタサンブラック
4月30日(日)、京都競馬場で行われる第155回 天皇賞(春)(G1)(4歳上 国際 指定 定量 芝3200m)の特別登録馬19頭が発表された。 秋の凱旋門賞挑戦を視野に入れる2頭が155回目を迎える伝統の一戦で再び相まみえる。まずは昨年の覇者で年度代表馬に輝いたキタサンブラック(牡5、栗東・清水久厩舎)。今年初戦の大阪杯も持ち味の安定したレース運びで快勝。4つ目のG1タイトルを手に入れた。京都コースは2つのG1を含めて3戦3勝。ここも正攻法で他馬をねじ伏せる。 年度代表馬の座は逃したものの、サトノダイヤモンド(牡4、栗東・池江寿厩舎)は有馬記念でキタサンブラックを撃破。今年初戦となった阪神大賞典も着差以上の強さで快勝し、万全の態勢で春の盾を獲りに来た。この馬も長丁場の菊花賞を含め京都コースは3戦3勝。再度キタサンブラックを破って国内最強を誇示したい。 2頭の牙城を崩すのは果たしてどの馬か? 一昨年の有馬記念を勝ったゴールドアクター(牡6、美浦・中川厩舎)は昨年のこのレースで1番人気に支持されながら12着と敗退。近3走はあとひと押しのレースが続いているが、今回は鞍上に横山典弘騎手を迎え、リベンジ成るかが注目される。 日経賞を勝ったシャケトラ(牡4、栗東・角居厩舎)はキャリアがわずか6戦、底を見せていない新興勢力。デビュー時から「大物」と高い評価を受けてきた期待馬がいよいよ初のG1挑戦で、一気に突き抜けてもおかしくないポテンシャルを秘めている。 長丁場で安定した走りを見せるシュヴァルグラン(牡5、栗東・友道厩舎)、アルバート(牡6、美浦・堀厩舎)、レインボーライン(牡4、栗東・浅見厩舎)、クラシックホースのディーマジェスティ(牡4、美浦・二ノ宮厩舎)、ワンアンドオンリー(牡6、栗東・橋口慎厩舎)の復活にも期待がかかるところだ。登録馬は以下のとおり。 【優先出走馬】 サトノダイヤモンド 58 C.ルメール シャケトラ 58 田辺
【収得賞金順】 キタサンブラック 58 武豊 ゴールドアクター 58 横山典 アルバート 58 川田 ディーマジェスティ 58 蛯名 シュヴァルグラン 58 福永
レインボーライン 58 M.デムーロ ワンアンドオンリー 58 和田竜 ファタモルガーナ 58 浜中 タマモベストプレイ 58 吉田隼 アドマイヤデウス 58 岩田
ヤマカツライデン 58 松山 トーセンバジル 58 四位 スピリッツミノル 58 幸 ラブラドライト 58 酒井学 プロレタリアト 56 杉原
【以下、出走回避】 カレンミロティック 58 ○○ トウシンモンステラ 58 ○○
※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

ページトップへ

キーワードで探す

※検索キーワード 5単語まで

カテゴリーで探す

競馬データランキング

競馬サーチ モバイル

競馬サイトをどこでも
ランキングチェック!

全国競馬場・WINS案内

馬券を購入できる全国の
競馬場・Wins、グルメランキング。
全国競馬場・WINS案内ガイド